青い長耳種の日記帳

主にオンラインゲーム “マビノギ” の内容ペラペラなぐだぐだ日記

当サイトはリンクフリーです
また仕様上グレーと思われるきわどい情報も記事にしますので
その情報を利用した場合における責任については
一切負いません



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リクエストがあったので

某人からリクエストがありましたので、一応赤竜さんと砂竜さんの立ち回りについても書いてみようと思います。



例によってフィニッシュ目指してない方はなんのことだかチンプンカンプンだと思うので、この後はスルー推奨です。
まず最初に断っておきますが、自分は竜はかなりヘタです。他のボスもヘタですが輪をかけてヘタです。
普段プレドラ行かないというのが一番大きいのでしょう。
あちらで凌ぎを削っている人たちとはレンジの命中精度に雲泥の差があります。

そういうわけで、負けるときはあっさり負けます。
マリーはchが11個もあるので、なんとかなっているのが現状です。



まずはvsドラゴンにおける、各種族の有利な点と不利な点のおさらいから

エルフ
☆有利な点
・足が速いので位置取りしやすい
・メインの攻撃手段がレンジアタックのためにパッシブディフェンスで攻撃が止まることがない
・中心に位置を取るのが基本なので、竜の準備動作を見てからの尻尾攻撃やブレスの回避が間に合いやすい
・異国装備の恩恵が人間やジャイほどではないため、対デザートドラゴン戦では石化耐性装備を選択できる

★不利な点
・レンジアタックは人が多いときや他のチャンネルから一斉に人が移動してきたときにに回転速度が落ちやすい
・ペットの管理や回復が大変。特にレンジ攻撃を維持しながら10匹登録外のペットを入れ替えるのはほぼ不可能
・二刀流できないため、近接攻撃では他の種族に比べて圧倒的に劣る
・異国装備の効果で人間やジャイほど有利になるというわけではない
・敵の中心に位置を取って攻撃するため、ドラゴンの突進は被弾が確実
・弓装備のため、人間と比べてHPの調節が大変
・対レッドドラゴン戦で、メテオやロッドによる防空壕の穴が深い場合、視点の確保がしづらく照準がさだまりづらい


人間
☆有利な点
・メインの攻撃手段がアタックなので、状況に応じて自動戦闘モードで戦える
・アタックは人が多いときや一斉に人が移動してきても回転速度が落ちにくい
・アタックはスキル準備がないので、チャンネル一斉移動でスキルが発動しにくくなったときも自動戦闘で対処できる
・ファイナルヒットで短時間ながらへビースタンダードを無視できる
・短剣二刀流がおそらくメインのため、破滅・デッドマンなどのエンチャントでHPの調節が他の種族に比べて楽
・位置取りによってはドラゴンの突進で被弾しない
・ペットの回復や管理がやりやすい。状況によっては自動戦闘中にエリクサーの準備等も可能
・DKの場合CoDでテイムしたMOBに、AIを搭載できる

★不利な点
・ヘビースタンダードで運が悪いと攻撃が頻繁に中断する
・足が遅いので、準備動作を見てからの移動ではドラゴンの尻尾攻撃や各種ブレスは避けづらい。位置取りにも時間がかかる
・対デザートドラゴン戦で異国装備を選択すると、石化ブレスで石化して行動不能になる
・異国装備の恩恵が非常に大きいので、死んで装備をどれか1つでも落とすと回収がほぼ必須
・対レッドドラゴン戦で自動戦闘のまま戦うと、竜が向きを変えたときにそれまで攻撃したパーツを勝手に追いかける



ジャイアント
☆有利な点
・人間と同じく二刀流でアのタックメインのため、混雑時やch移動時の回転速度が落ちにくい
・エルフほどではないが、足がそこそこ速い
・二刀流のまま持ち替えずに突進できる
・人間と同じく自動戦闘での対処が可能で、ペットの管理や回復がしやすい
・対レッドドラゴンではストンプでメテオの防空壕を自分で掘れるので、メテオを容易に回避でき復帰後の対処もしやすい

★不利な点
・人間と同じくヘビースタンダードによって攻撃が中断する。またファイナルヒットもない
・中心で攻撃するわけではないので、ドラゴンの動作を見てからの回避はやはり困難
・石化耐性装備がないので、デザートドラゴンの石化ブレスを回避する手段はない
・二刀流できる早い打数の武器が店では売られていないので高価。ゆえにエンチャントも思い切ったものは作りづらい
・人間と同様に、死んで装備を落とした場合回収がほぼ必須



こんなところでしょうか。
これらの点をふまえて話をしたいと思います。
まずなぜプレインドラゴン(以下プレ)では相手にならない人間やジャイアントがレッドドラゴン(以下赤)やデザートドラゴン(以下砂)では勝てるのかについて触れたいと思います。
これは、プレの突進は移動距離が短くエルフの足では走って簡単に追いつけてしまいますが、砂や赤は突進の移動距離が長く、エルフの足でもなかなか追いつけません。そこで皆さん選択するのがこちらも突進で追いかけるということですね。突進スキルの移動速度は種族による差がないため、エルフの足の速さの恩恵はあまりありません。また突進後、上半身から中心までの距離もプレと比べて長いです。よってプレでは攻撃開始はエルフのほうが速いですが、砂や赤では人間のほうが攻撃開始が先ということも結構多いです。攻撃手段が豊富にある赤は突進ばかりというのはそれほどないですが、攻撃手段が4種しかない砂では突進が頻繁にあるため、プレほどエルフが有利というわけではないんでしょう。
また、いつも満員になる6chでは、エルフではレンジの準備時間が低下してちょっと勝負にならない状況です。
他のチャンネルでも大移動のときにレンジはしょっちゅう遅くなるので、それまでに討伐か大幅なリードを取っておかないと逆転されるなんてこともあります。
混雑chでは討伐も速いため、人間のファイナルヒットが猛威をふるいます。いかにファイナルヒットと半神スキルで打数を稼げるかで勝負が決まっているのが現状です。ここまで行くと立ち回りより半分運ですね。また打数で勝っていてもフィニッシュは取れない魔法フィニッシュも頻繁に起こるのが特徴です。
そういうわけで、自分はエルフのときは人が多い6、7、8chは避けることが多いです。


では実際にエルフでどう立ち回っているのか。あくまで自分が心がけていることなので、100%この通り行動しているわけではありません。というか書いてある通り実行できたらもっと強くなれるんだろうなあってことでw

まずは赤から

・装備
異国装備を選択しています。服のほうがHPは調整しやすいのですが、異国装備だと多少中心からずれていても照準速度アップ効果により99%に持って行きやすいからです。表は弓、裏はシミターと盾です。

・位置取り
中央下半身寄りの左足くらいにしています。というのも赤ドラは見た目よりも後ろ側に中心がある気がするのです。砂の調子で中心取ったつもりでいると、ブレスや咆哮やテイルが来た時に、後ろに移動して避けたつもりなのに被弾ということが結構多くありました。それらの体験から下半身寄りに位置取るようになりました。左足なのは自分のクセである右方向の位置取りなだけで、ちゃんと中心取れる人は真ん中いったほうがいいですw

・メテオ時の行動
穴がないときはもちろん馬で逃げます。馬で逃げるときも最低矢の補充は心がけています。穴があるときは半神発動、ペットの蘇生、エリクサーの準備、矢の補充を行っています。メテオ復帰時はレンジを準備しつつ、視点を変更して移動しやすくしておきます。またペットはエリクサーをあげておくか、10匹登録外のペットを出すようにしています。理由はメテオ復帰後は次のスキルが来ることがほとんどのため、テイル・咆哮・ファイアブレスに備えています。登録外ペットなら被弾してもすぐ入れ替えればダメージは小さいですからね。

・突進追いかけ
半神時は持ち替えずにそのまま追いかけます。それ以外は突進でダウンと同時に持ち替えて、POTを飲んで回復してから突進します。ガキーンと竜に突進しちゃうのが嫌なので、割と手前でスキルをキャンセルしています。ペットは被弾していれば入れ替えます。被弾していないなかエリクサーを飲ませてあるならそのまま出しっぱなしです。再召喚のタイミングはこちらの突進中です。なぜ被弾しているのを消すのかというと、誰かのミルで再度突進や尻尾攻撃が誘発されたときに、被弾していたペットだと死んでしまうからです。

・ファイアブレス・咆哮時
ファイアブレス、咆哮時は安全な場所まで逃げた後に、ペットの現在位置を確認して入れ替えたり、愛嬌コマンドで呼び寄せたりしています。このへんは巨大ワニでの立ち回りが役に立っていますね。咆哮時は序盤戦なら入れ替えています。新しく呼んだのはすぐ消えちゃいますけど、それでも3,4打は違うと思われるので・・


とにかくテイルとファイアブレスと咆哮をもらわないようにすることが勝利の鍵だと思います。特にテイルはダウン時間が半端なく長いので、3回以上もらうと負けだと思っています。ファイアブレスは動作が大きく避けやすいのですが、当たり判定が不思議なので恐いです。位置取りで説明したとおり、上半身のほうで位置取っているとスキルの終わり際になぜかヒットしてぽかーんとなることがw
昔は全くもってダメでしたが、最近はペットの管理や突進が砂と比べて少ないので、砂よりは楽だなあとか思っています。



次に砂竜さん
・装備
石化耐性です。裏の装備はシミターと盾です。一応フルートと平和音楽も用意はしてあります。

・位置取り
当然の中央です。こちらは上半身のほうに取るようにしています。(それでもしょっちゅう後ろ回っていますがw)
理由は突進被弾時のダウン方向ですね。

・突進追いかけ
半神時は持ち替えずに追いかけます。それ以外は突進でダウンと同時に持ち替え、回復→突進ですね。ペット入れ替えについても赤と同様です。準備したエリクサーがある場合は、こちらの突進後に飲ませます。多少打数は犠牲になりますが、人が少ないときは重要な要素だと思います。余裕があるときは矢の補充も行っています。

・ファイアブレス時
矢の補充は当然として、半神が使えるならブレスが当たる手前のタイミングで使います。ペットは基本ヒット直前入れ替えですが、場合によっては登録外ペットを出してエリクサーを飲ませたりもしています。


砂はプレと違ってHPが多く移動距離も長いので、人が少ないときはペットの管理が重要です。特にエルフは登録外ペットの入れ替えが非常に難しい(というか攻撃したまま入れ替えは無理)なので、突進確定時はきちんと消すというプレドラの基本事項が大切ですね。それでもタゲ切れやミル誘発による突発突進や往復突進ではペットが被弾するので、人が少ないときは馬を使うことを選択肢にいれたほうがいいかと思います。前述の通り砂ではエルフによる攻撃開始速度の速さによる優位はほぼ皆無のため、突進を被弾した瞬間に乗ることができ、弓の持ち替えなしでかつエリクサーをあげやすく中心に移動しやすい馬は貴重な戦略だと思います。砂の足が止まればネズミに入れ替えればいいだけの話なので、ネズミ8・馬2くらいの割合で登録しておいてもいいかなとか思っています。


以上砂と赤について考察してみました。
ヘタレの書いていることなので、なにかとおかしいところも多いかと思いますが、参考程度になれば幸いです。
[ 2010/01/27 03:59 ] 巨大生物 | TB(0) | CM(7)
レンジエルフで常と戦うにはいかに位置ずれさせないかが重要だと感じる今日この頃です。
レンジ準備しながら動いたり、武器スロ自動変換で弓に持ち替えたり、石化食らったあと位置ずれ補正時間取らないで焦って打ったり・・・etc.
昔は命中率80%代とかザラで97%とかどうやっていくの?とか思ってました。今でも時々変な方向に吹っ飛びますが・・・
[ 2010/01/28 08:10 ] [ 編集 ]
常→常連
[ 2010/01/28 08:15 ] [ 編集 ]
>>位置ずれ対策
自分は焦って打っても仕方ないと割り切って、足が止まってから打つようにしています。歩きながらスキル準備もほとんどしません。これはボスはもとより、影差す都市で騎乗レンジの位置ずれで弓空振って何度も死んでいるので、ボスでも自然とそういうふうに振る舞っているようです。ですので赤や砂で変な方向に吹っ飛んでというのはあまりないです。
こちらの課題は発見で後手をふんだときに、鳥や箒で降りると既に位置がずれているという体験が多いので、なんとかしたいなあと思っています。
[ 2010/01/28 11:27 ] [ 編集 ]
とても参考になりました。
これで苦手な赤にも立ち向かえます!

1日1回音読するようにします。
[ 2010/01/28 20:50 ] [ 編集 ]
>>ふとましいエルフ様
自分だけの戦略だと視野が狭くなるので、他の人はどんなところに注意しているのか気になるところです。

今度よかったら教えてください。
[ 2010/02/04 12:29 ] [ 編集 ]
注意していること…砂ではエルフ以外のライバルがいた場合、突進確定じゃないターンの時に、ライバルと同じ方向からレンジを撃ってライバルに石化ブレスを当てることでしょうか。
はい、いやらしいです><

赤はホント苦手なのでとてもアドバイスできる立場にありません;;
[ 2010/02/07 14:09 ] [ 編集 ]
>>ふとましいエルフ様
なるほど、そんな戦術が!
異国装備の弱点を的確についてますね。今度機会があったら意識してやってみます。
[ 2010/02/09 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

青いエルフ

Author:青いエルフ
簡単にメインキャラ紹介


レアリオン(エルフ)

ブレイズをこよなく愛する魔法使い
プレイヤースキルは低いが、装備や
ペットは充実しているので、火力は
それなりに高い。
持ち替えが苦手で装備が魔法に特化
しているため、他の系統のスキルは
使うことが少ない。
弓を忘れたエルフ。

マビノギスキル表
メインキャラレアリオンのスキル取得状況

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。