青い長耳種の日記帳

主にオンラインゲーム “マビノギ” の内容ペラペラなぐだぐだ日記

当サイトはリンクフリーです
また仕様上グレーと思われるきわどい情報も記事にしますので
その情報を利用した場合における責任については
一切負いません



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人狼と似ているようで別のゲームなマフィアゲーム(役職解説編)

続けて役職ごとの簡単な立ち回りについて解説していこうと思います。
一般的に人狼wikiに書いてあることなので、知っている人は見なくてもよいかと。
ただし変質者は人狼にはない要素なので、立ち回りは未完成です。

追記にて解説していきます。
用語がじゃんじゃんでてきますので、先に用語解説の方を見ることをおすすめします。

11/16加筆訂正 霊媒師の霊媒情報とそれを用いた戦略、マフィアの数情報を追加
市民側勢力

市民側勢力は、マフィアを全員処刑すれば、勝利となります。

役職持ちは1名ずつのみで、残りは一般市民です。

市民
何の能力もない一般人です。
立ち回りについて特筆することはあまりありませんが、他の役職を騙るのは一般的にはタブーとされています。
たとえ偽警察によって黒判定をもらっても、騙ってはいけません。
おとなしく吊られて、遺言で霊媒師に自分の役職を霊媒してもらうよう呼びかけましょう。
霊媒で白だったことがわかれば、偽警察の信用は失墜して、市民側有利の状態となります。
警察だろうが、偽警察だろうが白判定をもらったら、議論を引っ張っていくようにしましょう。
当然マフィアに狙われやすくなりますが、あなたが狙われるということは、他に潜伏している役職持ちの人が
助かりやすいということです。



警察
夜ターンに生存者を指定して捜査を行い、その人が市民か変質者かマフィアかを判定できます。
市民か変質者かを判定するのみで、市民だった場合は役職はわかりません。
警察はCOするタイミングが非常に重要となります。夜ターンでマフィアか変質者を捜査できれば
素直にCOでいいですが、そうではない場合は潜伏するか、COして確定白を増やすかは状況次第となります。
また、医者が生きているかどうかも重要な判定となります。朝にGJが出た場合はCOして医者の庇護を求めるのも
手段の1つとなります。
人狼ゲームとは違い、対抗COしてくるのは通常はマフィアのため、両吊りされることも多いかもしれませんが、
ゲームに勝利することが重要なので、吊られても気にしないようにしましょう。
マフィアが先に警察を騙った場合は即座に対抗COしましょう。その場合は信用度勝負となりますので、
普段から不用意な発言は避けるように心がけましょう。
また、変質者が着せ替えCOした場合は、夜ターンに変質者を捜査するのも重要な役割となります。
例えマフィアが変質者を夜ターンに狙撃しても、あなただけは真変質者だったことがわかり、それは重要な情報となります。


医者
夜ターンに一人を指定して、マフィアの襲撃から守ります。人狼ゲームの狩人とは違い、自分を守ることもできます。
そのためCOして、自分をガードするフリをして変質者や警察を守るという、人狼ゲームにはないトリッキーな動きができます。
しかし死亡すると途端に能力者が危機に晒されるので、やはり完グレ状態で潜伏しつつ、昼ターンで黒判定をもらったら医者であることを悟られないように
静かに吊られるのがいいかと思います。
守る筆頭は序盤はもちろん警察ですが、終盤警察が用済みになってきたら自分をガードしたり、議論を引っ張っている変質者をガードしたりするのも手です。
GJが出た時は誰が狙われたか覚えておきましょう。特に序盤で灰色の人にGJを出せた場合は、その人はほぼ白と言えると思います。
その展開で終盤まで生き残れたら、白確情報がほしい時にガード先を添えてCOすれば、一気に白確定候補が増え、市民有利となります。
また終盤に霊媒や警察が複数名乗り出ている状態で自己GJに成功したなら、COすればだいたい白と信じてくれるでしょう。
対抗で医者COが出てきても、白確定組の組織票で潰せるからです。


霊媒師
夜ターンに死亡者を指定して、その人がマフィアか市民かを知ることができます。初日の夜は霊媒することができません。
霊媒した結果が市民だった場合は、役職はわかりません。 なんとマフィアゲームでは役職がわかります。
主な役割は、警察が捜査した人が死亡した場合に、警察の捜査の真偽を調査することです。
霊媒結果は役職までわかりますが、わかったからといって正直に話すと、医者が死んでいる、警察が死んでいるなどの情報を与えてしまうため危険です。
とりあえず白を出しておいて役職は伏せておくのがいいと思います。
終盤役職者の生存が不透明でどうしても情報が欲しい時に情報開示が必要なら、開示しましょう。
人狼ゲームでは霊媒師は重要度がそれほど高くない職扱いでしたが、霊媒で役職を知ることができるとなると急に重要度が増します。
例えば霊媒COが一人の状態で霊媒した結果警察や医者が死んでいることがわかった場合、とりあえず白を出しておけば、
マフィアが騙ってき時に即座に白結果を修正すれば、トラップとして使えることになります。
霊媒師は警察が死亡している or 潜伏している状態で、誰を霊媒していいのかわからない状態の時もあります。
どんな状況でも霊媒結果が出たら、COして判定を皆に伝えるのがセオリーではあります。
役職もわかるというの逆手に霊媒師が乗っ取られると、警察COが出ている状態で、霊媒で警察が死んでると言われると、市民が大混乱に陥ります。
また潜伏時に霊媒を騙る輩が出てきたら、即座に対抗COしましょう。その結果、霊媒ローラーされることが多いのですが、
マフィアを一人倒せればよしとしましょう。昼に吊られる流れになっても、遺言でもう一人の霊媒師もちゃんと吊っておいてねー
と言い残しましょう。


変質者
マビノギマフィアゲームオリジナルの役職のようです。夜ターンに指定した人物の服を着せ替えます。(服だけでなくカツラやローブを着ることも・・)
ただし、自分の着せ替えはできません。
対象は市民であってもマフィアであっても着せ替えることが出来ますが、着せ替えた人が夜ターンにマフィアに射殺された場合は
着せ替えの成否がわかりません。
性質としては人狼ゲームの共有者に近いと思います。白確定を受け取ればグレーは狭まりますが、当然射たれやすくなります。
警察が単独COしているならガード先はほぼ警察と思われますので、白確定の変質者はすぐに射たれるでしょう。
COするならきっちり着せ替えCOしましょう。狙われやすくなりますが、真警察がCOしやすい状況を作ることができたり、
医者の庇護を受けやすくなります。変質者の着せ替え先は、マフィアも対象にできます。
着せ替えさせられたからといって、その人は白ではないので注意しましょう。
主な戦略は最序盤にCOしてグレーの幅を狭めるか、潜伏して警察騙りのマフィアを吊り出すかですが、グレランが長く続くようだったらCOしておいたほうが無難だと私は思います。
着せ替えCOが成功して、確定白がもらえた時は、議論を引っ張っていきましょう。
あまりない展開だとは思いますが、マフィアが騙ってくることも考えられます。騙ってきたら即座に対抗COしましょう。
着せ替え指定先は騙ってきたマフィアにしておくと、身内切りを狙うことができます。
昼ターンで黒判定をもらったら、即座にCCOしましょう。無駄吊りを防ぐことができる重要な要素となります。


マフィア
マフィアは、市民をマフィアの数と同数まで減らせれば、勝利となります。
同数になった時点でゲームが終わるので、マフィアが全員投票先を揃える、いわゆるパワープレイは存在しません


マフィアの数はゲームの参加人数によって決まるようです。
ゲームの参加者が

6~7→マフィア1
8~9→マフィア2
10~12→マフィア3
13~15→マフィア4
16→マフィア5

のようです。(※聞いただけなので間違ってたらコメントで情報ください)



夜のターンに一人を指定して射殺します。また、専用のチャット窓で夜のターンに仲間のマフィアと会話することができます。
射殺された人は朝のターンで死体となって、ゲームから退場しますが、医者が護ってくれた場合には朝のターンで死体なしとなりあます。
マフィアが複数いた場合は、多くは警察や霊媒師を騙ることになりますが、その場合は論理の破錠や潜伏能力者に注意しましょう。
例えば2日目朝に警察COして変質者と捜査した人が翌朝着せ替えられていたら、すぐに騙りが露見します。
役職COの状況を見て決めていきましょう。人狼ゲームと違って狂人や狐がいないので、騙る場合は注意が必要で、
状況によっては身内を切る必要も出てきます。
人数が多い時には単独騙りせざるを得ない状況がほとんどで、COのタイミングは最重要な役職です。
序盤は黒判定を出されない限りは潜伏しておくのがいいと私は思いましたが、潜伏警察を装うにも、遅すぎると信用がなくなります。
特にマフィアの人数が少ないときに騙ると破錠しやすい上に、ローラーで潰されてその後詰むのがオチです。
今回は霊媒で役職が出るので霊媒騙りも注意が必要です。霊媒先が白だった場合、役職を下手に言うと怪しまれます。
例えば初日警察COが出てその後グレラン進行となった場合、翌日霊媒COして警察は死んでいると言って、真警察との信用度勝負に持ち込む・・・というのがセオリーになると思います。
そして夜ターンはマフィアのみで会話できる時間があるのですが・・・・これは私の失敗談ですが、夜120秒のマフィアチャットは
かなり短く、余計なことを言っている暇はないです。
イニシアチブを取る人が、その夜射つ人、警察や霊媒師を騙っている人がいるなら捜査先や霊媒先をシンプルに伝え、
グレラン進行が続いた場合の投票先を全員が決めておきましょう。
投票先をまったく決めずにグレラン進行でいくと、身内に誤爆する可能性があります。
全員が票を同じ人にするともちろんラインを疑われますので、セオリー通り寡黙な灰色の人や多弁な灰色の人に2:1や3:1で票を入れておくといいでしょう。
マフィアゲームには狐に相当する役職はいないので、死体なしの場合は医者GJが確定で、狂人はいないのでマフィアCOという展開もありえません。
[ 2015/11/13 20:45 ] マビノギ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。