青い長耳種の日記帳

主にオンラインゲーム “マビノギ” の内容ペラペラなぐだぐだ日記

当サイトはリンクフリーです
また仕様上グレーと思われるきわどい情報も記事にしますので
その情報を利用した場合における責任については
一切負いません



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ギルガシさん討伐隊

いるのかわからないけど読者の皆様、今年もよろしくお願いいたします。

本日より通常営業と今年は正月休みが短かかったですが、気持ちを改めて頑張ろうと思います。

ブログのほうはスタイルを変えるつもりはありません。
今まで通りチョイネタ的なものを書いていく予定です。

さて、新年一発目のネタは使徒レイド ギルガシ討伐ミッションです。
G19クリアで行けるようになるこのミッション。
最初は神聖スキルのランクも低いのと、相手のスキルへの対処がわからなかったため大苦戦することが多かったのですが、
自分も含めて神聖スキルのランクが上がってきて、対処の仕方も浸透するとそれなりの速度で周回できるようになりました。
当初はスキルを全部回収した人向けのエンドコンテンツかと思っていたのですが、しっかりスキルを上げていれば
累積関係なく活躍できそうなこともわかりました。(もっともジャッジメントブレードはやはり装備がモノを言いますが・・・)

wikiで誰か攻略情報書かないかなあとか、誰かブログで記事にしないかなあと思って待っていたんですが、あまり関連記事が
なかったので、重い腰を上げて書いてみました。今から使徒レイドやるぞーって方には参考程度にはなると思います。
(というか立ち回りのところとかは予習の為にも知っておいてもらいたいことが詰め込んであります)

今回は最もポピュラーだと思われる難易度 普通についての攻略記事を記していきます。
難易度 難しいについても書こうかと思ったのですが、ウィンドミル連打を記事にしても仕方ないのでやめました。
ちゃんと意思統一がされていればウィンドミル連打よりも速くクリアできるとは思うのですが、なかなか16人の敷居は高いですね・・・
難易度 普通についても今更攻略情報を書くのはどうかとも思いますが、意外と他のブログさんで書いているところが見当たらないので、
野良PTで行くのをためらっている人や、これから周回する人のための記事として残しておこうと思いました。
既に周回している人でも知っておくとお得な情報などを詰め込みながら攻略記事を書いて行きます。

今回はかなり長文です。詳細は追記にて


まずは難易度 普通に行く目的について・・・
素材収集だけなら確実に難易度 難しいをウィンドミル連打で周った方がいいでしょう。
難しいは素材か使徒武器が確実に1人2個ずつドロップしますので、単純に武器を作りたいだけならこちらをやったほうがいいです。
では普通に行く理由はと言いますと、一日指令や週間指令を達成するためだったり、神聖スキルの修練を兼ねての攻略だったりすると思います。
あとはやはりパーティープレイならではの楽しみもあるでしょうね。
マビノギには絶滅したかと思われていたパーティーヒーラーを要求されたり、既存コンテンツの火力が正義のゴリ押しとは違う楽しみがあります。
長くなりましたが、こんな感じで難易度 普通を周回している人が多いと思います。


では次に事前準備についてです。
神聖スキルの習得、スキルの登録、神聖スキルのサブスキル割り振りなどは当たり前だと思うので省略します。
ここではパーティーの編成とスキルの役割別に持って行くといいものと、その訳を書いていきます。
あるといいなあって物なので、必須というわけではありません。


共通
1:パーティーフェニックスの羽・・・遠くで倒れてる人を起こすのに楽
2:生命力のエリクサー・・・対疫病の最終兵器。飲んでおけばそうそうは死なない。特に魂吸収と疫病が同時に来た時にいい
3:ヒーリングワンド・・・ヒーラー役じゃなくても緊急時用に準備しておくと楽。魂吸収時にも範囲が広い武器として活躍できる
4:ダウラSE・・・拘束攻撃の解除に最適



ジャッジメントブレード役(8~10人)
1:ワイバーンの骨:ジャッジメントブレードの威力増加用。
2:突進できる装備:流星雨後遠くに行った時の追撃用。
3:サブスキル 拘束する刃先:神聖コンボ受付時間増加
4:サブスキル 剣の洗礼:ジャッジメントブレードクリティカルダメージ増加
5:最大ダメージが高い武器:ジャッジメントブレード威力増加用


セレスティアルスパイク役(3~4人)
1:突進できる装備:ジャッジメントブレードと同様
2:弓矢:種類は問わず、サポートショット用
3:ナックル:種類は問わず、スクリューアッパ-用
4:サブスキル 伝播する信仰:セレスティアルスパイクの射程距離アップ


シールドオブトラスト役(3~4人)
1:戦場の雄叫びの楽譜
2:弓矢:種類は問わず、サポートショット用
3:ナックル:種類は問わず、スクリューアッパ-用
4:サブスキル 同調する距離:シールドオブトトラスト範囲増加
5:サブスキル 加護するものの足取り:シールドオブトトラスト効果中移動速度アップ
6:高ランクの楽器演奏効果細工がついた楽器:序曲と雄叫び演奏用


パーティー編成ですが、シールド役は最低4人以上のシールド保護成功、スパイク役はR1の人が最低2人成功で
ジャッジメントブレードへのコンボにつながるようです。
が・・・スキル発動の失敗も考えられるので、用心のため最低3人ずつは配役しておくほうがいいかと思います。
サポショさえきちんと入れればジャッジメントの数を減らしてもそれほど討伐時間変わらないとも思いますし・・・

それでは次に難易度 普通のギルガシさんの行動について残ライフ別に解説していきます。
各種攻撃の後についている数字はそのスキルを使うように設定されている残ライフ%です。
※後述しますが、そのライフの帯域に入ったからといって必ずそのスキルをすぐ使ってくるわけではありません。

スタッフ攻撃・・・0%~100%
手に持つスタッフで自分の前方160度くらいの範囲を攻撃してくる。ダメージは100~200くらいで防護壁はおろかテントや焚き火など
あらゆる障害物等を貫通してヒットする。
ヒットするとかなりの距離を飛ばされる。またこの攻撃だけはペットなどの同行者にもヒットする。マナシールドによるダメージ変換が可能。
なお後述の拘束攻撃に成功すると威力がアップ。200~400ダメージくらいになるので注意。
真横に近いところでもヒットするので一日指令でギルガシのスタッフに当たらないで討伐があるときは十分注意して位置取りすること。


流星雨・・・0%~100%
助走をつけて飛び上がり流星を降らせてパーティー全体を攻撃。ダメージは最大ライフの60%?
助走時にギルガシの周辺にいるとダメージがないダウンを受ける。なおどれだけ離れていようとマップ全体に届くので遠くに逃げても無駄。
シールドオブトラストで軽減及びダウン回避が可能で、軽減率はシールドオブトラストのランクによる。R1だと1ダメージ固定。
変身や半神化などの無敵行動も無視してダメージをくらうが、唯一イクリプスオブウィングスだけはダメージの変換が可能。
(なおポイントはごっそり削れるがw)
シールドオブトラストによる防御が成功していると着地後膝をつく。この時にセレスティアルスパイクを入れるとさらに杖をつくので
ジャッジメントブレードのコンボチャンスとなる。(通称:神聖スキルコンボ)
セレスティアルスパイクはちゃんと膝をついてからじゃないと拘束不可なので、着地後すぐに発動しないかつ遅くなり過ぎないようよく見ておくこと。
神聖スキルコンボの起点となるのでできれば速く使ってほしいところだが、疫病をくらってすぐ飛ばれた場合は注意。
割合ダメージなのであっという間に死ぬ可能性がある。そういう時はギルガシが飛んだらPOTを飲んでおこう。


疫病蔓延・・・70%~85% / 25%~40%
ランダムで選んだパーティーメンバー3~5人位に最大ライフの10%の固定ダメージを5回ほど与える疫病を移す。疫病を受けたキャラは
紫の円のエフェクトが出る。放っておくと自然に治るが、円のエフェクト内に他のキャラが一定時間(0.5秒くらい?)滞在すると疫病が移る。
ギルガシレイドの死因ナンバ-1はおそらくこれ。特に流星雨や魂吸収攻撃と絡むと戦列崩壊の原因になりやすい。
後述するAI修正でなるだけ来ないようにしたいところ。


鉱物閉じ込め・・・55%~70% / 25%~40%
ランダムで選んだパーティーメンバー3~5人位を黄色い結晶のような鉱物に閉じ込める。閉じ込められたキャラクターは
2秒間に1度くらいの速さで最大ライフの5%の負傷を受ける。
ペットなどの同行キャラクターを含む他のキャラクターは閉じ込められたキャラを攻撃でき、1~3回程度攻撃すると鉱物が
壊れて脱出できる。
ペットの召喚攻撃で解除が一般的だがペット召喚が詰まりやすい時間などは銃や手裏剣のアタックによる解除が安全。
一人だけ遠く逃げたりしていると、このスキルで閉じ込められた時に他の人に助けてもらいにくくなるので注意。
なお発動時から閉じ込めのエフェクトが出るまでギルガシに攻撃が当たらなくなる。


拘束攻撃・・・55%~40%
ランダムで選んだキャラクターを掴み持ち上げ、一定時間後に投げ捨てる。
投げ捨てられると最大ライフの70%程度の負傷を負う。マナシールドでダメージの変換が可能。
掴んだ直後にライフの下に緑のカウントゲージが出現するのでその回数分攻撃を加えると拘束を解除できる。
拘束解除は攻撃回数なのでダメージは関係なく、掴まれたらデュアルガンやナックルあたりでさっさと解除するのがいい。
拘束攻撃成功か否かの判断はギルガシにつくアイコンで判断できる。オレンジのなら拘束解除失敗、紫のなら拘束解除成功。


自傷行為(魂吸収行動)・・・5%~25%
杖を大きく持ち上げ自分の体に刺す。ギルガシのライフゲージの下に紫のゲージが出現して一定時間シューっと音がして画面点滅後にプレイヤーキャラの魂が出現し、
ギルガシに向かって走って行く。ギルガシに魂が触れると該当のプレイヤーキャラは即死し、ギルガシのライフが2%回復する。
紫ゲージの分のダメージをギルガシに与えることによって攻撃が中断される。
魂はキャンプなどを通り抜けるがプレイヤーキャラの攻撃を受けると足が止まる。自キャラ以外の魂も攻撃可能なので、
一直線に並んで
足止め役はワンドや両手剣などのスプラッシュ範囲が広い武器で攻撃するか、フレイマーで足止めして、
本体攻撃役はフレンジー等で攻撃中断に向かうのがセオリー。
発動時から音がスタッフを体に刺すくらいまでギルガシの周辺にいるとダウンする。このライフ帯域になったらとりあえず離れよう。
当初は統率が取れていなかったので目印にフェスティバルフードや焚き火等を置いていたが、最近は何も置かなくてもみんな集まってくれるようになった。
理解さえすれば恐くはないが、問題は疫病蔓延中にこの攻撃をされた時。
ヒーラー役がワンドを持っているためか足止め役に回ることが多いが、足止めに集中し過ぎると回復する人がいなくなり、
本体攻撃役や足止め役が疫病連続感染で力尽き、戦線が崩壊することがある。
この時のために生命力のエリクサーは1本はインベントリに置いておきたい。飲むだけで安心感がぜんぜん違う。

以上が使徒ギルガシの使ってくるスキルとそのライフ帯域の解説です。

ではこれを踏まえて立ち回りを書いていきます。
まず前提として一人だけ遠くに離れすぎないこと。
ギルガシの流星雨は助走をしている時に一番離れていたキャラクターのところに着地します。
あまりに遠くに着地すると貴重なダメージソースとなる神聖スキルコンボができないのでパーティーの迷惑になります。
またパーティーヒールや筋斗雲の召喚効果や演奏が届かなかったり、鉱物閉じ込めを誰も助けてくれなかったりと
まずいいことはありません。

☆ギルガシのライフが100%~85%の時
様子見段階。最初に流星雨で飛ぶまでの削れ方でそのパーティーのおおよその火力が把握できます。95%を切っていたら

それなりに火力が高いパーティーだと思います。
とりあえずワイバーン召喚効果のデバフとスクリューアッパーのデバフは誰か一人くらいはやりましょう。
戦場の序曲は入場前にかけておくのが一般的ですが、中に入ってからかけるなら幻想のコーラスとセットでかけるといいと思います。
スタッフの攻撃が避けづらい人はシューティングラッシュをうまく使えば回避しやすいと思います。


☆流星雨ターン
流星雨で飛んだらシールド兼演奏役の人は戦場の雄叫びの楽譜を持っておき、シールド防御成功後にすぐ演奏しましょう。
ヒーラー役の人はシールド防御ができなかった人に向けてパーティーヒールを2~3回かけるといいでしょう。
スパイク役、ブレード役の人は着地点を予想してスキルの準備をしましょう。
スパイクによる拘束が成功したらサポートショット班以外は攻撃を止め、サポートショット班はブレードのタイミングに合わせてサポートショットを入れます。
(※ジャッジメントブレードはサポートショットの近接スキルダメージ強化の対象です)



☆ウィンドミルによるAIリセットとギルガシのAI調整について
最初の神聖スキルコンボターン終了時に残りライフが70%を切っていた場合誰か一人ウィンドミルをしましょう。
ギルガシは流星雨で飛んだ後も飛ぶ前のライフ帯域のAIがそのままになっており、飛ぶ前の帯域の使用スキルを
3~5回繰り返した後AIが切り替わって該当ライフ帯域のスキルを使用するようになります。

例えば残りライフ50%で流星雨攻撃で飛んだあとに神聖スキルコンボターンでライフが20%になったとします。
このライフ帯域のスキルは魂吸収行動ですが、すぐには使用してこず拘束攻撃を3回程度行ったあとで魂吸収攻撃をしてきたり、
そのまま流星雨に移ったりします。
疫病後に魂吸収を使ってくるのはこのためですが、ウィンドミルによるAIリセットを利用すると該当ライフ帯域のスキルをすぐ使ってくれるようになります。
つまり70%を切ってる状態でウィンドミルによるAIリセットをかけたら疫病蔓延のスキルターンを飛び越してすぐに鉱物閉じ込めを使ってきます。
うまく利用すれば疫病+魂吸収の極悪コンボを回避できたりするので覚えておくとだいぶ楽になると思います。
が・・・・ウィンドミルを連発するとAIリセットが頻発して今度は流星雨をやらなくなってしまいます。
そうすると貴重なダメージソースである神聖スキルコンボができなくなってしまいますので、難易度 普通ではウィンドミル連打はやめましょう。
やりかったから難易度 難しいでどうぞ。難易度 普通では神聖スキルコンボを利用して倒したほうが速いです。


最初の神聖スキルコンボターン終了時に70%を切らなかった場合は次の項目へ・・・


☆ギルガシのライフが85%~70%の時
疫病蔓延のデンジャーゾーンその1です。疫病にかかったら攻撃をやめて他のプレイヤーに移らないよう少しだけ離れましょう。
離れた後は下手に動かず疫病の円が消えるまで待ちましょう。疫病にかかったまま動き回られるのが一番迷惑です。
パーティーヒーラーは活躍の場なので全力でパーティーヒールをかけましょう。
70%を切ったらウィンドミルを入れてさっさと疫病ターンをやめてもらいましょう。AIリセットといっても一発くらいなら
割とすぐに流星雨を使ってくれます。
またこのターンの時の流星雨はかなり危険です。シールドに入れないと思ったらすぐにPOTを飲むようにしましょう。
疫病にかかってないと思っていても、流星雨でダウン後に他の人から疫病を移されて死亡なんてことがよくあります。


☆ギルガシのライフが70%~55%の時
鉱物閉じ込めターンです。発動時の無敵は多少うっとうしいですが、比較的楽なターンだと思います。
他のプレイヤーから大幅に離れていなければ、閉じ込められても割とすぐに助けてくれます。
スタッフなどで遠くに飛ばされた直後等運悪く遠くで一人で閉じ込められた時は仕方ないので
ペットの召喚攻撃を連発するか召喚後にペットアタックで解除してもらいましょう。



☆ギルガシのライフが55%~40%の時
拘束攻撃のターンです。これも遠くにいるとワープしてきたギルガしに掴まれて投げ捨てられるハメになります。
あまり他の人と離れすぎないようにしましょう。
拘束されたらデュアルガンで適当に攻撃していれば拘束解除は簡単です。掴まれた人は高所から見える景色でも
満喫してください。
なお拘束解除に失敗すると途端にスタッフ攻撃のダメージが痛くなります。
アイコンを見て失敗したのがわかったらライフの量やマナの残量には気をつけてください。



☆ギルガシのライフが40%~25%の時
デンジャーゾーンその2です。このターンは鉱物閉じ込めと疫病蔓延を使ってきます。恐いのは疫病を撒かれた後に
魂吸収ターンに行かれることです。自分はライフが25%に近くなったら一旦攻撃をやめて回復に専念して、
流星雨で飛んでから一斉攻撃するほうがいいかなあと思っています。できればこのスキルターンはミルのAIリセットで
飛ばしたいところです。
万が一疫病直後に魂吸収が来てしまったら生命力のエリクサーの出番です。さっさと吸収攻撃を解除しましょう。
そのほうがみんなの負担が少ないと思います。



☆ギルガシのライフが25%~5%の時
デンジャーゾーンその3です。
パーティーメンバーの理解が問われる魂吸収行動のターンです。
一列に並んだ後魂が出たら足止め役と本体攻撃役に別れ、足止め役はみんなの魂を攻撃、本体攻撃役はひたすら削りましょう。
本体攻撃役はフレンジー、ファイナルショットなどの瞬間高火力スキルはこの時のために残しておくといいかもです。
慣れているパーティーならなんてことはありません。さっさと解除しましょう。
混乱しないためにも神聖スキルコンボターンが終わって25%を切っていたらウィンドミルでAIリセットしてさっさと使ってくれたほうが
統率が取りやすく、みんな綺麗に並んでくれます。

慣れていないパーティーだとわかっているなら入場前に事前に情報を伝え、目印を決めておきましょう。
お勧めは店売りのチョコレート×2のフェスティバルフードです。安価でキャンプファイアと違って再設置すると
前に置いたのは消えるので目標にしやすいです。
他にもメイプルキノコや雪だるまなんかもいいと思いますが、あれは召喚クールがあったような気もします・・・
キャンプファイアは流星雨で移動した時や魂を叩くときの邪魔になることがあるのであまり自分は使いません。
もし逃げ遅れてしまった場合は最低限自分の魂だけは守りましょう。
リロードR1ならダウラREでひたすら攻撃すれば、リロード時間も含めてずっと足止めすることができます。
他にも今ではそこそこ安くなった黒仮面スタッフあたりを装備して自動戦闘で攻撃すれば、相当なラグに見舞われない限り
完封できると思います。
うまくまとまっているなら足止め役は3人程度で十分です。お勧め武器は各種ワンド、スタッフ、タルティーン2HS、
範囲改造したツーハンドソード、グレートモールあたりでしょうか。

フレイマーはソロでの完全な足止めが無理なので自分はあまり好きではありません。(硬直細工あれば止まるのかもしれませんが・・・
もし疫病と同時に来てしまった場合はとりあえず生命力のエリクサーです。足止め役が感染してしまったら解除は諦めて
ヒーラーに頼りましょう。
そして足止め役はヒーラーがやらずに他の人がやること。それだけで生存率が全然違うと思います。
本体攻撃役とヒーラーはとりあえず疫病を治してから本来の任務を全うしましょう。



☆ギルガシのライフが0%~5%
スタッフ攻撃しかしてこないゆとりターンです。全力で攻撃するなり流星雨で飛ぶのを待つなり好きにどうぞ。
一応5%切ってからミルすればスタッフ攻撃しかしてこないのを覚えておけばいいことあるかも?



以上で立ち回りの解説終了です。
は~長かった・・・
でもwikiには攻略情報まだないですし、まとめようとしてもどうしても長くなってしまうんです。
特にウィンドミルの利用は最近でこそ(マリーサーバーでは)野良PTにも浸透してきましたが、最初は数名しか
知らなかったので、その人がいるかいないかで難易度がガラッと変わることが多かったです。
一応発見というか利用は自分が最初だとは思うんですが、12/27くらいに一部の人には伝えたので
そこから結構浸透してきた自負はありますが・・他鯖の人どうなんでしょうか?

まあ2幕凍結バグなんかがあってコンテンツ壊れるかと思いましたが、早々に修正してくれたおかげでそれほど酷いことには
ならずに済んで良かったです。
韓国ではボロクソ言われてるみたいですが、みんなで協力してわいわい回るにはいいコンテンツなのではないでしょうか?
ガチ勢には使徒武器がそんなに強くないから物足りないかもしれませんが・・・(^_^;)
また新たに発見することがあったら編集してみるかもしれませんが、暫定で攻略情報はこんなところにしておきます。
[ 2015/01/05 06:00 ] マビノギ | TB(0) | CM(4)
明けましておめでたー御座います\(゚∀゚)/
今年も宜しくお願いしますね(´▽`)♪

凄い情報量(((゜д゜;)))
これはいつか行く時のためにお気に入りに登録しておかねば(`-ω-´)!!
[ 2015/01/06 11:29 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございますーψ(`∇´)ψ
こっそり読者です!もっと更新してください!(圧力

なんとなく慣れてきて、流れで討伐している使途も
まとめると細かいとこ色々あるのですね;

色々参考にさせていただきますーー

[ 2015/01/09 01:54 ] [ 編集 ]
参考に
使途のパーティーで時々ご一緒させていただいてます。
ここにもひとり読者がいますよ!(*´∇`*)
細かい攻略情報ありがとうございます!参考にさせてもらいます!
[ 2015/01/09 08:18 ] [ 編集 ]
>>こおしんさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
こんな僻地にわざわざ見に来なくても、そのうち誰かがwiki編集してくれますよ。
たぶん・・・

>>通りすがりの虎さん
ぎゃああ!
圧力かけないでー(笑)
今年はもう少しだけ更新頑張れ・・・るといいな。

>>カモミールさん
いつもPTでありがとうございます。
演奏くらいしか取り柄がないですが、またPTでご一緒したらよろしくです。
[ 2015/01/11 12:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。