青い長耳種の日記帳

主にオンラインゲーム “マビノギ” の内容ペラペラなぐだぐだ日記

当サイトはリンクフリーです
また仕様上グレーと思われるきわどい情報も記事にしますので
その情報を利用した場合における責任については
一切負いません



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心理戦?!

まずはリンク追加のお知らせから。


いつか、昔話を、キミに。

みゅくみくさんのブログです。

どうも性分なのか自分は何事も結構いれこむ人なので、ここのほんわかした記事を見ると和みます(失礼
いろいろとマビノギ内で荒んだ気持ちだった時にEternalの紹介記事を見て、マビノギを始めた原点を思いだしたブログでもあります。

Eternalって何?って方。
ぜひ『マビノギ Eternal』で検索して聴いてみてください。
いい曲ですので・・・




さてトーナメントイベントのおかげで、ながらくやってなかったトーナメントに参加するようになりました。

だいたいルールは知ってたのですが、対人ではほとんどやってなかったので新鮮でした。
自分はあんまり正攻法でやらない人なので、正攻法で攻める人にはめっぽう弱いです。

このイベントでトーナメントに参加する方も増えたと思うので、自分の 復習 復讐も兼ねて追記でエルフ視点でシチュエーション別に整理してみました。
トーシロの書くことなのでツッコミどころ満点でしょうが、気にしないでやってください。


さて、前述の通りこの記事はエルフ視点です。人間やジャイはまた別の戦術があると思うのですが、コンボをそこまで意識しなければ同じなのかなあ・・
ちなみに表記は  自分の手 vs 相手の手 の順です。


その前にお約束のルール。
トーナメントは交互にコマンドを選んで戦っていきます。
コマンドの受付は意外と短いので、考える時間は結構少ないです(1秒ちょっと)。
コマンドが確定した瞬間に次手を考える癖をつけたほうがいいです。

ライフゲージを100とすると

WはAに弱く、Dに強い。威力は30。
AはSに弱く、DとWに強い。威力は20。
SはDに弱く、Aに強い。威力は40。
DはA,Wに弱く、Sに強い。威力は50。
相手と同じコマンドを選んだ場合は威力が半減する。

前ターンに選んだコマンドは次ターンは選べない。
受付時間内にコマンドを選択しなかった場合はランダムで決定される。

人間は前ターンA、次ターンWでWの威力が+20。
エルフは前ターンに相手とコマンドが同じだった場合に、次ターンAの威力が+20。
ジャイアントは前ターンW、次ターンSでSの威力が+20。
これらの追加ダメージは同コマンド選択時のダメージ半減効果を受けない。

双方致死ダメージの相討ち時にどちらが勝つかは条件不明。
看板見学で名前が右側の人が有利との説もあるが、左側の人が勝ったこともあるらしい。


W vs W

次手の選択肢が広い一番思案のしどころなシチュエーション。
前手次第で相手が人間だった場合コンボを食らったあとの状況もありえます。
次手はライフゲージと相談して D A S を選択することになりますが、ケガが少ないD、バクチでエルフコンボ狙いのA、相手のD潰しAの裏をかくSといったところでしょうか。
次手でD vs Aで負けても、まだ立て直しはある程度きくと判断すれば、Dが安定な気もします。
相手がジャイなら次手Sでコンボなので、それも考慮に入れる必要がありますね。
が・・・実戦では次手でAを選択する人も結構多いです・・・
次手Aは、無理にコンボを狙いに行ってA vs Sで阻止されると、ダメージが(心理的にも)半端ないです。
逆に終盤戦で、相手が堅実なタイプだな?と思ったらAでDを刺しに行くのもアリですし、この人は結構裏をかいてくると思えばSもありです。


W vs D
撃ち勝った場合のシチュエーションです。
自分のライフゲージに余裕があって、相手のライフゲージに余裕がない場合は次手はSが安定ですが、
自分のライフゲージに余裕がない場合や、相手をさらに心理的に追い詰めようと思うなら、次手はDの選択肢もあります。
次手Aは自分のライフゲージに余裕がなくて、相手のライフゲージに余裕がある場合にWを潰しに行く選択肢として浮上します。
いずれも状況判断がとても大切ですね。


W vs A
撃ち負けた場合のシチュエーションです。
相手が人間だった場合は次手のWがコンボになるのでAで阻止したいところですが、Sで裏をかかれるとさらに難しい状況になります。
かといってDで裏の裏を読んで結局Wで潰されても非常に痛いので、Dはとっても選びにくいです。
撃ち勝った余裕もあるので、相手も次手でDを選ぶ状況は少なそうなので、安定度的にはSが一番なのかなあと思います。


W vs S
基本的にダメージ負けしてるので、あまり歓迎できない状況です。
次手は安定のAです。
相手もAかWを選びやすい状況なので裏を読んで次手Sとするという手もありますが、
相手がダメージ勝ちしているということも踏まえないと、慣れている相手の人なら次手Dで刺されると非常に厳しくなるのでSは慎重に狙う必要があります。
Dもほぼ負けで良くても相打ちなので、結構選びづらいです。相手がよっぽど裏をかくのが好きだと思ったら面白い選択肢だとは思いますが・・・


D vs W
結構痛い撃ち負けの状況です。
初手でこれなら仕方ないと割り切れますが、終盤戦以降でもらうと非常に建て直しが難しいです。
次手はWが一番候補ですが、W vs Aで撃ち負けたり、W vs Sで撃ちあいになることも多いのでライフゲージと要相談ですね。
一見ありそうな次手Aは、意外と相手の次手Sで撃ち負ける可能性が高いです。
これで撃ち負けるとほぼ立て直しは不可能なので、難しいところです。
次手SもS vs Dで撃ち負けると立て直しはほぼ不可能なので、これまた選びにくいところです。
中盤戦以降でもらってしまったら、相手の今までの手を考えて堅実派か変化派を見極めて次手を選ぶことが大切そうです。


D vs D

あまりお目にかからないシチュエーション。
が、次手は安定のS一択です。次手でWとか選んでW vs Sだとダメージ的に損なので・・・
Aの選択肢はまったくもってありません。


D vs S
非常に相手に与える心理的ダメージが大きい状況です。
ですが、次手でDを再度選べないので注意が必要です。安易に次手Sを選ぶと意外とDで返り討ちにあいます。
次手は安定のA一択な気がしますが、中盤戦以降ではSやWで逆転を狙いに行くのもいいかと思います。
特に相手が裏をかくのが好きな人の場合は次手WでDを刺すと逆転を狙える状況になると思います。
相手が素直?な性格な人なら次手SでAを刺せばほぼ勝ちになると思います。


D vs A
D撃ち負けのシチュエーションその2です。
相手が人間だとコンボ阻止で次手Aを選びたくなるところですが、その裏でSで刺されると立て直しが非常に厳しくなります。
なので、ライフゲージ次第ですが、次手はWが一番手です。
こちらがA or Dを選びやすい状況は相手もわかっているので、相手も次手Dは選びづらいと思います。
それを見越して次手Sも割と手堅いかなあと個人的には思っています。


S vs W
状況次第ですが、ダメージ勝ちのシチュエーションです。
W vs Sで書いた通り次手はWかAが有力候補です。
が・・・相手の次手Sも十分ありえるので、D vs Aで負けたらしょうがないと割りきって次手Dでもいいと思います。
特に相手がジャイアントの場合はSでコンボになるので、Dでコンボを刺しにいくという意味もあります。

S vs D
最も避けたいシチュエーションです。
こうなると逆転の手を考えないと行けないです。
相手の安易な次手Sを読んでイチカバチカの次手Dが筆頭候補でしょうか。
次手Aは相手が次手Sだった場合に立て直しがほぼ無理なので選びにくいところですが、こちらのDも読まれているだろうことを考えると、どうしても考えなくてはいけません。
次手Wは得するシチュエーションが皆無なので、必然的に選択肢から消えます。
相手に2択を絞られることから辛いところですが、それまでの傾向で相手に考えさせれば間違いが起こるかもしれないので、あきらめずに頑張りましょう。


S vs S
エルフ的には非常に歓迎のシチュエーションです。
次手は何も考えずにA一択です。コンボをお見舞いしてあげましょう。
むしろその先のA vs Aになった後の状況を今のうちに考えておきましょう。


S vs A
Sの撃ち勝ちシチュエーションです。
次手の一番候補は当然Wです。
次手Aは相手のSでやり返されるかもしれませんし、最も対戦機会が多いであろう人間は次手Wでコンボとなるので、裏読みの次手Dも恐いところです。
が、人間コンボ相打ちのW vs Wは非常に痛いです。人間がトーナメントで有利だと言われる所以はここだと自分は思っています。
攻撃をくらってるほうなのに、こちらを考えされるとは・・・


A vs W
Aの撃ち勝ちシチュエーションその1です。
撃ち勝ってはいますが、アドバンテージはあまりないので油断は禁物です。
次手はW,D,Sどれも一長一短なので、難しいところです。
W vs AでもD vs Aでも被害は一緒と考えれば、ライフゲージに余裕があるなら次手D、余裕がないなら次手Wがいいかもしれません。
次手Dは、相手がジャイならコンボを刺せますし、D vs Dのシチュエーションに持っていければ自ずとその後のエルフコンボが見えてきます。
次手Wは相手が手堅い人だとAで返り討ちにあいますが、バクチ好きな方が相手ならDを刺せるので有利な状況に持ち込めます。
次手Sは相手が堅実派と読みきった時に狙うと、結構刺さります。
お互いのその後の戦いの判断材料になるので(どれを選ぶかで性格が読めてくる)、そこらへんも考えてやりましょう。


A vs A
Aの相討ちです。
が、相手が人間だと歓迎したくないシチュエーションです。
とりあえず人間が相手だとA→Wのコンボは止められないので、ダメージ差を少しでも減らすように次手はSが候補になります。
が、それを読まれて相手のDで刺されると非常に厳しくなります。ライフゲージに余裕があるなら相討ちやむなしで、次手Wが堅実ではあります。
次手Dは相手の次手Sが非常に考えにくいことから選択肢としてはないと思います。



A vs D
Aの撃ち勝ちシチュエーションその2です
ダメージは小さいかもしれませんが、エルフ的には嬉しいシチュエーションでもあります。
とりあえず次手Sを選んでおけば、損することはありません。
相手がダメージ相殺のためにS vs Sで来たら、コンボの大チャンスとなります。
次手はS vs Wが一番多い状況だと思うので、その後の展開を頭に描いておくといいと思います。




以上のように整理してみました。
あとは対戦中にこれらのことが頭に思い浮かべられるかですかね。
とりあえず自分のメモとしてはいいので、対戦前にこの記事読んで、復習しておきたいなあと思います。
[ 2012/06/27 01:22 ] マビノギ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

青いエルフ

Author:青いエルフ
簡単にメインキャラ紹介


レアリオン(エルフ)

ブレイズをこよなく愛する魔法使い
プレイヤースキルは低いが、装備や
ペットは充実しているので、火力は
それなりに高い。
持ち替えが苦手で装備が魔法に特化
しているため、他の系統のスキルは
使うことが少ない。
弓を忘れたエルフ。

マビノギスキル表
メインキャラレアリオンのスキル取得状況

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。