青い長耳種の日記帳

主にオンラインゲーム “マビノギ” の内容ペラペラなぐだぐだ日記

当サイトはリンクフリーです
また仕様上グレーと思われるきわどい情報も記事にしますので
その情報を利用した場合における責任については
一切負いません



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

交易の稼ぎ方を斜め視点で考えてみる

メンテで暇なので交易のコラムを書いてみました。

既に他の方がブログで書かれている内容とかぶっているのが多いので、さらっと聞き流してもらえば・・・

交易の稼ぎ方というより、ある意味筆者の暇つぶしの方法ですので。
まず効率よく稼ぐためには交易システムを覚える必要があります。
が、1から説明すると難しいので、まずこの3点を念頭に置きます。


1.交易相場はリアルタイムで5分毎に変動する。

2.交易中に同行者の召喚はできない。(当然騎乗などもできない)

3.交易中には女神の翼と蜜蝋の翼による移動、友達召喚カプセルによる召喚、エイヴォンの羽による移動、大陸移動、ギルドストーンのワープができない。


2と3は、ずるはできませんよということなので説明は割愛します。

自分は1を考えて行動することが最も交易で稼ぐ手段だと思っています。

交易は、初期の頃のご祝儀相場は除くとして、基本的に人と同じ物を運ぶと儲からないようになっています。
ハイランダー鉱石や2段ベッドやスケルトンオーガアーマーがあっと言う間に利益が上がらなくなったのがいい例ですね。

都市の信用度にもよるのですが、かつて高額な利益をもたらしていたこれらの商品では現在はあまり利益が上がらなくなっています。


ではどうやれば効率がいいのか?

既に各方がコラムで書かれていますが

近くの街に単価が低くてスタック数が多い交易品を運ぶ



のが効率がいいと思われます。


ごく身近な例です。
変動性相場のためこのとおりには決してなりませんが、割とよくある数値だと思います。


バンホールからタラに象でハイランダー鉱石を運ぶと11000ドゥカートの利益があったとします。
(※以降ドゥカートはDCと表記します。)
略奪団との戦闘はなかったものとして、象での移動におおよそ13分かかります。
戻りで2段ベッドをバンホまで象で積んで持ってかえってきて10000DCの利益があったとします。
同じ経路で13分かかるので、およそ26分で21000DCの利益です。
各ブログさんでは秒間の利益で書く所が多いですが、数字が小さくてイマイチ実感が湧きにくいので、
自分は分単位での利益で書いてみます。

この場合は21000÷26≒808 DC/分

ですね。


では別のケースを考えてみましょう。同じく略奪団との戦闘はなかったとします。

バンホールからカブまで象で大理石を運ぶと6400DCの利益があったとします。
象でおよそ5分半かかります。
そしてカブからイメンマハまで象でカブ産カキを運ぶと3800DCの利益があったとします。
象でおよそ4分かかります。
イメンマハからタラまで象でバタービールを運ぶと5500DCの利益があったとします。
象でおよそ6分かかります。
戻りでタラから馬車でイメンマハにティーテーブルを運ぶと4500DCの利益があったとします。
馬車でおよそ5分かかります。
イメンマハからカブまでバタービールを運ぶと3800DCの利益があったとします。
象でおよそ4分かかります。
カブからバンホールまでカブ産カキを運ぶと4500DCの利益があったとします。
象でおよそ5分半かかります。


この場合28500÷30=950 DC/分

ですね。

途中カブに立ち寄る以外はほぼ同じ経路を歩いても、これだけの差が出ます。

積荷の単価が安いと略奪団も大して強くないので、万が一戦闘になったときもすぐに交易に復帰できるというメリットもありますね。
こういう例が多いので、交易は単価が安くてスタック数が多いものを運ぶのが儲かるという説が浸透しています。

・・・・とここまでが各ブログの交易攻略法のほぼコピペです。
実際都市の信用度が低いうちは、この稼ぎ方が一番効率がいいと自分も思います。



ここからがひねくれものの筆者の交易で暇にならないように考えたやり方です。

前提として、動画など見ながらとかテレビ見ながらのんびり交易をしている方にはオススメできません。
なぜなら必死で現在の相場変化と在庫数を見て、5分後・10分後の変化を考えるので、あまりのんびりできないからです。

交易必死乙!

上等です。
ただぼけーっと移動画面眺めてるのは自分には耐えられません。

上にも書いた通り、人と同じ物を運ぶと儲からないのが交易システムです。

ではなぜ単価が安いものは儲かるという通説が浸透しつつあるのに、皆が単価が安いものを運んでも相場があまり変動しないのでしょうか?
答えは簡単です。

単価が安いものは、単価そのものが上がりにくく、下がりやすい。
単価が高いものは、単価そのものが上がりやすく、下がりにくい。

からです。


交易は、単価と都市の買取額が同時に変動しますが、買取額は通常余り大きな変動はしません。
流通量が多いと単価が高くなり、買取額は上がらないので儲かりません。
スタック数が多いものは皆が一斉に売りに走ると一気に単価が上がり、儲からなくなります。
それは各街の信用度1で買える最も安いものでも例外ではありません。
例えば皆が一斉にティルコネイルのベビーポーションをダンバートンに運ぶと、単価の値上がりがいくら少ないとは言っても、
5分後の相場変動時に利益が少なくなってしまう(酷いと利益0やマイナスになる)ということが起こります。

これを避けるにはどうすればいいのか?


1.別の街に運ぶ。

2.相場が変動して高く売れるまで待つ


当然みんなこのどちらかを選択すると思います。
荷物を運ぶ前の相場だともっと利益が出たのに、実際に運んでくるとあまり利益が出ないと悲しいですよね。
そこで妥協案として上に挙げたどちらかの行動を取ると思います。

が・・・

1の別の街への移動には当然時間がかかるので、あまり移動に時間をかけてしまうと結局毎分あたりの利益が少なくなってしまいます。かといって少ない利益で荷物を売却するのももったいないです。

2は完全に時間のみを潰すので、場合によっては分あたりの利益が大幅に減ってしまいます。


どちらも避けたい状況なのです。

ではどうするか?


そう、そこで時計を見て相場変動のタイミングがいつなのか知る必要があります。

荷物を積む時の各街の買取額が変動した時、それが相場の変動のタイミングです。
その変動した時の時間を覚えておけば5分以内であれば相場は変動しないので、その間に目的地に着いて売却できれば
自分の思った通りの値段で売却できますね。
ところがこの5分以内の移動というのがやっかいで、近いと思われるダンバートンからカブでも象で1分、馬車で45秒くらいかかりますし、次に近いイメンマハまでも、オスナサイルの戦闘なしで象で4分、馬車で3分くらいかかります。
ティルコネイルから最寄りのダンバートンまでは象で5分、馬車で4分くらい、次に近いタルティーンまで象で5分半、馬車で5分程度かかります。
バンホールやタラやベルファストでは、最寄りの街の交易所までですら5分以上かかることが多いです。

つまり相場を見て買うものを決めて運び、希望額通りに売り抜くには必然的にルートが限られます。

馬車で運ぶとして

ダンバートン⇔カブ
ダンバートン⇔イメンマハ
ダンバートン⇔ティルコネイル
カブ⇔イメンマハ
※ティルコネイル⇔タルティーン(結構ギリギリ)

これらのルートだと、相場変動後にすぐ積みこんで馬車で走れば、次の相場変動のタイミングを待たずに
売ることができます。


が、これらのルートを駆使しても、どの商品も買取額がそれほど高くないということが起こります。

また移動のタイミングの問題で、相場変動まであと2分以上あるのに目的地に着いてしまったということも当然起こります。
ここで次の相場変動のタイミングまで待って荷物を仕入れるのは、時間効率がいいとは言えませんね。

そういうときに思い出して欲しいのが、さきほど記述した
単価が安いものは、単価そのものが上がりにくく、下がりやすい。
これです。

今は買取画面で利益があまり出ないように見えても、目的地に着く頃には相場が上がっているかもしれません。
その相場変動を読む力こそが、自分の交易の醍醐味です。



このあと上がるだろうと予測して買ったものが、目的地に着いた時に予測通りに値上がっていると、ちょっとした楽しさがあると思います。
もちろん逆もあり、あまり上がっていないときは悔しい思いもします。
悔しいので次は損しないように、より慎重に相場変動を考えるようになると思います。

動画を見ながらまったりやるのももちろん交易の楽しみではあるのですが、
こういった相場変動を予測することも交易の楽しみではないのでしょうか?



具体例として、ティルコネイルのベビーポーションとダイエットポーションで考えてみたいと思います。

今はリアルタイムで金曜日の21時で、比較的プレイ中のユーザーが多いと思われる時間帯です。

ベビーポーションは80スタックで重さ1なので、馬車で最大640個運べます。
ダイエットポーションは100スタックで重さ1なので、馬車で最大800個運べます。

次の相場変動まであと3分半のタイミングでティルコネイルに着きました。

購入画面では、ダンバートンへの経路で
ベビーポーションは単価で+10の儲け
ダイエットポーションは単価で+3の儲け
でした。

これが相場変動直後であったら迷わずベビーポーションを積みますね。
が、どうも次の相場変動までには間に合いそうもありません。

あなたならどっちを積みますか?

ここで考えましょう。
相場変動直後にこの画面を見たユーザーはベビーポーションを運ぶと予想されます。
ログインしているユーザーが多いので、相対的に相場変動のタイミングでベビーポーションを買った人、あるいは既に運んでいた人も多くいると考えられます。
すると次の相場変動のタイミングでは、ベビーポーションはダンバートンでの買取額が下がって利益が出にくくなることが予想されます。
一方ダイエットポーションは運ぶ人が少なかったと予想されるので、次の相場変動のタイミングでは買取額が上がって、
利益が出やすいと思われます。

実際にこのシチュエーションだと、ダンバートンに着く頃にはダイエットポーションは単価で+10くらい、ベビーポーションは単価で+6くらいになることが多いです。
ところが朝などの流通量が少ない時間帯だとこうならないことも多いので、流通量=交易している人の数というファクターも考えて行動したほうがいいですね。


さらにこれはまだ条件がイマイチ不確定なのですが(おそらく在庫数が一定以下になる or リアル時間で一定時間経過するだと思われる)、各街の信用度Lv1で買える最も単価が安い交易品は相場の巻き戻りが起こることがあります。

通常は流通量が少ないと単価が徐々に下がって買取額が高くなっていくのですが、巻き戻りが起こると一気に初期設定値と思われる値段まで買取額が戻るので、これを利用すると短時間で大きな利益を産むことができます。

カブ産海苔で実例を上げて説明します。
相場変動まではダンバートンまでの単価利益が+2でした。
馬車で運ぶと800DCの利益ですね。
ダンバートン⇔カブは最も移動時間が短いので、当然利益は少なくなるようになっています。

ところが相場の巻き戻りが起こるとダンバートンまでの単価利益+11ないしは+12にいきなり変動します。
+12ではなんとあの移動距離で4800もの利益が出ます。

変動後すぐに運んでフレイムメアなどで戻れば3周(運がいいと4周)できるので、5分で14400DCも稼げてしまいます。
さらに凄いのは、相場変動に気づく人が少ないと次の5分~10分でも+9や+8の利益が出るので、
同じようにペットで戻って周回すれば、およそ10分で25000DC近く稼げてしまいます。

25000÷10=2500 DC/分

前述の例と比べていかに大きい稼ぎかわかると思います。
2時間ごとに入荷する限定品に近い利益を得ることができます。


移動時間の関係上で、大きな利益が出るのはカブ→ダンバートン間だけですが、相場の巻き戻りがあるということを
知っていれば、より楽しく交易をやれるのではないでしょうか。


みなさんもたまには時計を眺めながらやる交易ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?
[ 2011/10/13 23:12 ] マビノギ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。