青い長耳種の日記帳

主にオンラインゲーム “マビノギ” の内容ペラペラなぐだぐだ日記

当サイトはリンクフリーです
また仕様上グレーと思われるきわどい情報も記事にしますので
その情報を利用した場合における責任については
一切負いません



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

試算してみた ver2

前回はマジッククラフトの試算でしたが、今回は注目の銃を作成するヒルウェン工学のトレーニングシミュレーションをやってみました。

条件は以下の通り

・1週間トレーニング2倍ポーション使用
・スキルトレーニング印章(50)はR7~R2で一枚ずつ使用する(2set分)
・製作は100%成功する
・マスタートレの工学武器製作時は生活トレーニング2倍ポーションも使用(修練値4倍)
・武器と鎧作成はショートジャベリンのみ
・工学ツール作成は基本工学ハンマー(銃作成用に一個だけスパナを作る)
・工学武器作成はゼダーⅡのみ
・マスタートレの武器作成はダウラSE 150丁、ゼダーⅡ350丁作成で計算



それでは必要な素材数の結果発表です。

☆マスターまで
ヒルウェン鉱石の欠片・・・71853
シリエン・・・1170
スズ鉱石の欠片・・・6836
亜鉛鉱石の欠片・・・4836
ニッケル鉱石の欠片・・・7326
エメラルドコア・・・5905



☆R1まで
ヒルウェン鉱石の欠片・・・65853
シリエン・・・70
スズ鉱石の欠片・・・1836
亜鉛鉱石の欠片・・・1836
ニッケル鉱石の欠片・・・2326
エメラルドコア・・・2455



となりました。
やはり目を引くのはヒルウェン鉱石欠片の数ですね。
これはハナから買取しないと厳しい数字です。

ちなみに印章連打でR1にするとマスタートレで部品が全くなくて泣きを見ます。
シミュレートしてみてある程度は自力で頑張ったほうがいいと思いました。


ただこのシミュレートには一点不明なことがあります。
工学ツールは消耗アイテムなのか、それとも無限に使えるかで内容が大きく変わります。
なんか消費アイテムな気もするんですが・・どうなんだろう。
まあ来てみてそうだったら考え直せばいいだけか!

スポンサーサイト
[ 2013/03/16 15:00 ] マビノギ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。